日々同じ内容の仕事が好きな人は長続きしやすい

ルート配送のドライバーの仕事は、各地の運送会社やスーパーマーケット、コンビニなどで募集が行われることがあります。こうした仕事は、営業エリアが比較的狭く、日々同じ業務を任されることが多いため、ルーティーンワークを得意とする人に向いています。特に、正確かつ丁寧に荷物の運搬や配達ができる人材については、様々な企業の間で重宝される傾向があります。最近では、ルート配送のドライバー職を希望する求職者を対象に適性検査を行ったり、面接時に採用後の仕事内容について詳しく説明したりする企業が増えています。そのため、様々なチャンスを利用して、早い段階から自分にとって働きがいがある職場を探し始めることがおすすめです。

人付き合いが得意な人はやりがいを感じながら仕事に取り組める

ルート配送を担当するドライバーは、仕事上でお得意先の事業所や自宅を訪問することが多く、運転技術だけでなく一定の接遇マナーを身につける必要があります。そのため、初めてルート配送の仕事を始めたい場合には、一日あたりに対応をする顧客の人数や具体的な業務内容について、志望企業のホームページや求職者向けのパンフレットなどを使って確認してみると良いでしょう。たとえば、人付き合いが得意な人や、様々な立場の人と円滑にコミュニケーションが取れる人は、ルート配送の経験がない場合でも、様々な場面でやりがいを感じながら仕事に取り組むことが可能です。その他、働きながらルート配送に必要なスキルを磨きたい人は、入社後の研修に力を入れている職場を見つけることが大切です。