ルートに沿って品物を配送する仕事

ルート配送は、食品などの品物を指定された場所に運ぶ仕事です。品物を運ぶ際のルートも初めから決まっているため、勤務時間が変動する可能性も少なく、残業が少ない仕事でもあります。配達先はスーパーやコンビニなどのほか、企業の得意先や支店など、多岐にわたります。車の運転免許の取得が必須となっている職場も多く、仕事内容によっては中型自動車運転免許や大型自動車運転免許などの取得が求められることもあり得るようです。また、品物を配達する際に、配達先のスタッフと会話のやりとりをすることが多いため、ある程度のコミュニケーション能力も必要となります。しかし長時間の運転を求められることは少ないので、未経験者や女性でも勤めやすいというメリットもあります。また、大型や中型の自動車運転免許を取得するためのサポート制度を完備する企業が多いところも魅力の1つです。

ルート配送の仕事の流れ

実際の仕事の流れは、まず朝に出社してアルコールチェックをすませ、その後に配送ルートや配達に使う車両のチェックをし、品物の積み込みを行います。積み込みは自分で行う職場もありますが、ほかの社員が積み込みを担当する職場も存在するそうです。準備できたら配送をスタートし、途中で休憩も挟みながら、1日分の仕事をこなしていきます。配送を終えたら帰社し、片付けや次の日の準備、配送に使った車の洗浄などを行います。会社によっては点呼や業務日報への記入などが求められることもあります。全ての作業が完了したら退勤します。ルート配送の仕事をする際に大切なのは、安全運転をし、渋滞などのトラブルにもうまく対応して、時間に余裕をもって行動することです。日頃から運転スキルを磨いて、安全に業務を全うできるよう気を付けましょう。